ピックアップ企業

Vol.02アフラック生命保険株式会社

ナゴ女応援!サイトのマスコットキャラクター
「にゃ〜ご」
取材をしました!

ダイバーシティ推進部 課長代理

横尾真紀子さん

アフラックに新卒入社し、営業ラインでの業務を経験。2度の育休を取得し、2017年から現在のダイバーシティ推進部で育児と仕事を両立する社員の支援をしています。休日は、最近サッカーを始めた息子と一緒にリフティングを練習しています!

第2回目は新宿にある会社、アフラック生命保険株式会社 ダイバーシティ推進部 横尾真紀子さんにインタビューしたにゃ~。
この会社は平成29年度に最優秀賞を受賞した企業にゃ♪まずは会社の特徴を聞きたいにゃ~。

当社は1974年、日本ではじめて「がん保険」を提供する保険会社として誕生しました。
「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という創業の想いを大切に受け継ぎながら、多くの方々の「生きる」を創る。保険会社として、社会のお役に立つ存在であり続けることを目指しております。

すごいにゃ~。社会に大きく貢献する企業を目指して、それを継続するって尊敬するにゃ~。
そんな会社の魅力や雰囲気を教えてほしいにゃ~。

当社は経営陣と社員が交流を持つ機会が多くある会社だと思います。
たとえば、社長みずから全国の支社に出向いて、社員との意見交換の場を設けています。
そこで様々な役職の社員と交流を持つことで、経営陣と社員の相互理解を図っています。

また毎年、創業記念日の11月15日を含む1週間は経営陣からの社員に感謝を伝えるオリジナルイベント「E.A.WEEK」を開催しています。
記念品が当たる抽選会や永年勤続表彰、創業記念のお菓子の配布、家族職場見学などを実施しているほか、経営陣から社員へメッセージが送られます。

他にも誕生日に社長のメッセージ付きのプレゼントが社員の自宅宛に届きます。昨年は日本法人化による「第二の創業」を記念してオリジナルソングにあわせて全国の社員がダンスするムービーを作成し、会社全体が多いに盛り上がりました。

横尾さんの仕事内容は何かにゃ。

全社のダイバーシティの推進や働き方改革の取り組みの推進業務を行っています。
全社にかかわることなので、経営陣や他部署と調整しながら業務を進めています。
具体的な業務を一つあげると、育児と仕事を両立する社員の支援です。
「産休前~産休中~復職後」のステージごとに各種研修や座談会、情報提供等を行い、両立への不安払拭のサポートをしています。
そのために、社外の方と意見交換を行い、新しい情報や世の中の流れにアンテナを張ることを心がけています。
また今後は育児だけでなく、介護や自己啓発、趣味など様々なことと仕事を両立する社員が増えていくことを踏まえ、育児中社員に留まらず、全社員に展開できるものであるか、ということも意識しながら企画推進を行っています。

女性が働くということに対する考えや、想いを教えてにゃ。

当社は社員全体の50%が女性です。
女性社員がその多様な能力や発想、価値観を最大限発揮できる環境を整備することは当社の成長には欠かせないと思っています。

わぁ~ 多くの女性が活躍していると同時に女性の力を企業としても必要としているにゃ。

2014年から、女性が活躍する風土をさらに進化させるべく「女性の活躍推進プログラム」をスタートしました。
この取り組みを通して、仕事と育児を両立しながらキャリアアップを実現しているロールモデルが多く誕生しております。

育児をしながらでも、きちんとキャリアアップできる企業は、とっても魅力的だにゃ。

2014年推進当初に9.4%であったライン長ポストに占める女性比率が2018年では15.4%まで上昇しました。

女性の管理職の比率も上昇しててすごいにゃ。

当社は、男女の役割期待・教育・評価に差はありませんし、両立している社員、両立していない社員の差はありません。今後も多くの女性社員が活躍できるよう取り組みを行っていきたいと思います。

働くすべての人にとって、いい環境を整えようという企業努力が感じられるにゃ。

ではここで、社員にインタビュー!
愛知総合支社 30代の志賀さん。1歳のお子さんのママだにゃ~。

愛知総合支社

30代

志賀さん

まずは、志賀さんのプロフィールだにゃ。

プロフィール

2004年 アフラック新卒入社
2004年4月~2011年3月 コールセンター(東京・神戸)
2011年4月 愛知総合支社
2016年5月~2017年6月 産休・育休
2017年7月 愛知総合支社復職

志賀さんの仕事のやりがいは何かにゃ。

お客様や当社の保険を販売している代理店の方に感謝された時に仕事のやりがいを感じます。
営業なので販売目標が達成できた時ももちろんやりがいは感じますが、ご縁があって私たちの保険にご加入くださったお客様や代理店の方達に、どんな些細なことであってもお役に立てた時が一番嬉しいです。

感謝されるってとっても嬉しいことだにゃ。

保険はお客様の一生をお守りする目に見えない商品です。
がんをはじめとした病気に罹ったりケガをしてしまった時に給付金をお支払いするだけでなく、お客様の将来の不安を少しでも取り除くことでもお客様のお役に立つことができると思っています。
一人でも多くのお客様に安心をお届けできるようにと思いをこめて、日々代理店営業活動に取り組んでいます。

にゃ~ごも保険のことを志賀さんに相談したくなるにゃ。

1日のタイムスケジュール

5:30
起床 朝食・身支度
6:30
子どもを起こし、子どもの身支度
7:30
子どもを保育園に送る
8:30
出社 メール・スケジュール確認
8:45
朝礼
9:00
外出
10:00
取引先①訪問 研修会実施
11:30
取引先②訪問 打合せ
12:30
昼食
13:30
取引先③訪問 打合せ
14:30
帰社
15:00
プロジェクト打合せ
16:00
資料作成・翌日の訪問準備
16:30
退社
17:30
子どものお迎え
18:00
帰宅 夕食準備、夕食
19:30
子どもとお風呂、遊ぶ
21:00
子ども寝かしつけ
22:00
家事、翌日準備
23:30
就寝
  • 電話で問合せへ回答。

  • プロジェクトでプレゼン中!

  • 代理店と打ち合わせ。

志賀さんは仕事と家庭の両立で工夫していることは何かにゃ。

仕事においては、時間が限られているので常に業務効率を考えるようにしています。
たとえば、外出時の移動中にメールチェックや対応中の案件の進捗確認をする、その場でできることは後回しにしない、などです。

にゃるほど。ちょっとした隙間時間でも有効に活用して仕事を進めているなんて、これはみんな参考になるにゃ。

また、報連相をしっかりして業務の可視化をするようにしています。
急な保育園からの呼び出しやお休みがあっても、事前に周囲に共有しておくことで影響度を最小限にできるようにしています。

新入社員のときに最初に習う、「報告・連絡・相談」ってやっぱり重要だにゃ!
周りへの心配りも働く上で不可欠だにゃ。
それに、これから就職をする学生にとってもいいアドバイスだにゃ。

育児においては、子どもと遊ぶ時間をなるべく確保するため、家事にかける時間を削減できるように食洗機や洗濯乾燥機などの家電製品を活用し、子どもが寝ている時間などにさっと終えられるようにしています。

志賀さんはお子さんとの時間も大事にして、時短家電もフル活用しているなんて、とっても素敵なママさんだにゃ~。

今回はアフラック生命保険の横尾さんと志賀さんにお話を伺いましたが、女性が活躍できる環境があり、実際に活躍しているお二人の声が聞けてよかったにゃ。

ピックアップ企業 会社情報

アフラック生命保険株式会社 愛知総合支社

〒451-6029
愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー29F
TEL:052-586-7682

URL:https://www.aflac.co.jp/corp/mesena/diversity/promotion.html

名古屋市総務局総合調整部男女平等参画推進室
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1番1号TEL 052-972-2234FAX 052-972-4112

© ナゴ女応援!サイト